腸内フローラにビフィーナ

MENU

ヘルスエイドビフィーナS|森下仁丹の乳酸菌サプリの画像付き体験談

 

森下仁丹の乳酸菌サプリ「ヘルスエイドビフィーナS」を試してみました。

 

胃酸に弱いビフィズス菌をハイパープロテクトカプセルに閉じ込めることによって、生きたまま腸へと送り届けることのできるサプリです。

 

本来であれば、生存率0.00007%以下というビフィズス菌をカプセルに閉じ込めることによって、なんと約90%もの生存率にアップするのだとか。

 

有用菌の99.9%を占めるビフィズス菌を効率良く補うことができるサプリです。

 

 

img_5066

 

ヘルスエイドビフィーナSにはビフィズス菌が50億個、さらにアシドフィルス菌とガセリ菌の乳酸菌が10億個配合されています。

 

ちなみに、ビフィズス菌は人間の腸内に棲む有用菌の一種の細菌。

 

ビフィズス菌というとあまりにもおなじみすぎて、な~んだビフィズス菌か…という気がしないでもないです。

 

でも、ビフィズス菌って実はスゴイ菌なんですよ。

 

ヘルスエイドビフィーナSに配合されているアシドフィルス菌は、「ビオチン」の生成を促進する乳酸菌。

 

そして、ガセリ菌はもともと日本人のお腹に住んでいる乳酸菌。

 

すごい乳酸菌ばかりなんです。

 

 

img_5075

 

ヘルスエイドビフィーナSは機能性表示食品。

 

ヘルスエイドビフィーナSの場合はビフィズス菌(ロンガム種)が腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能が報告されているのだとか。

 

きちんと「便通を改善する機能が報告されています」と言ってもらえると、より安心して服用することができますね。

 

 

img_5069

 

ヘルスエイドビフィーナSにはビフィズス菌や乳酸菌の他に、オリゴ糖も配合されています。

 

香料や着色料が配合されているのがちょっと気になりますが、赤色○○号のようなヤバそうな着色料ではないので問題無いと思います。

 

摂取目安量は1日1包。

 

多目に飲んでも問題は無いそうですが、まずは目安量を守って飲むのがおすすめ、とのことです。

 

ちなみに、森下仁丹のヘルスエイドビフィーナシリーズにはビフィズス菌が25億個のヘルスエイドビフィーナR(レギュラー)、ビフィズス菌が50億個のヘルスエイドビフィーナS(スーパー)、ビフィズス菌が100億個のヘルスエイドビフィーナEX(エクセレント)があります。

 

ビフィズス菌をもっとたくさん摂りたい、というのであれば、ヘルスエイドビフィーナSをたくさん飲むよりも、ヘルスエイドビフィーナEXを飲んだ方が良さそうですね。

 

 

img_5072

 

ヘルスエイドビフィーナSの特徴が、森下仁丹独自のカプセル技術である「ハイパープロテクトカプセル」。

 

ビフィズス菌は胃酸に弱く、その大半が腸に届く前に死滅してしまうのだそうです。

 

そんな、胃酸に弱いビフィズス菌の弱点を上手くカバーしてくれるのがハイパープロテクトカプセル。

 

2重の層で胃酸からビフィズス菌を守り、生きたまま腸まで届けてくれるのです。

 

 

img_5078

 

ヘルスエイドビフィーナSはスティックシュガーのようなスリムな袋に入っています。

 

とてもコンパクトなので、化粧ポーチやカバンの中に入れていても全然邪魔になりません。

 

旅行へ行く時など、必要な分量だけを持ち運びやすくてとてもいいですね。

 

顆粒タイプだと、水無しで飲めるというタイプのものもありますが、ヘルスエイドビフィーナSの場合は「水などと一緒に噛まずにお召し上がりください」とのこと。

 

噛んだり、口の中で溶かしてしまっては、ビフィズス菌がカプセルに包まれている意味が無くなってしまいますからね。

 

 

img_5081

 

ヘルスエイドビフィーナSはザラっとした粒子の粗い粉末です。

 

コロコロとした「あられ」のようなカプセルがハイパープロテクトカプセルになります。

 

黄色いカプセルがビフィズス菌、白いカプセルが乳酸菌で、白い顆粒はオリゴ糖だそうです。

 

実際に飲むと、ほんのりとレモンの風味で、すんなりと飲むことができます。

 

ただ、予想以上にカプセルの存在感があり、口の中に1粒、2粒残ってしまうことがあります。

 

あと、せっかくのレモン風味なのですが、水で飲んでしまうので味は付いていなくてもいいかな、という気がしました。

 

実際に飲んでみた感想は、私の場合、ビフィズス菌=ヨーグルト、というイメージが強かったのですが、ヨーグルトとは比較にならないです。

 

今まで、せっせとヨーグルトを食べていましたが、いかにビフィズス菌が腸まで届いていなかったのか、ということが実感できました。

 

 

img_5087

 

●乳酸菌の数:ビフィズス菌50億個、乳酸菌10億個

 

●乳酸菌の種類:ビフィズス菌・アシドフィルス菌・ガセリ菌

 

●サプリメントの形状:顆粒

 

●乳酸菌以外の成分:オリゴ糖(ラクチュロース)

 

 

森下仁丹「ヘルスエイドビフィーナS」を試してみる